SPR工法

SPR工法の解説

SPR工法は、硬質塩化ビニール製のプロファイルを製管機により、既設管内に製管し、既設管との隙間にSPR裏込め剤を注入し、既設管と裏込め剤、プロファイルが一体化した強固な複合管として更生する工法です。

SPR工法(元押式)の施工状況

SPR工法(自走式)の施工状況

SPR工法の特徴

  • 非開削で施工が可能
  • より強い管路に再生
  • 通水しながら施工可能
  • 曲線や長距離にも対応
  • 部分施工が可能
  • 侵入水をシャットアウト
  • 廃棄物がでません

SPR工法の施工用途

マンホール管の1スパンを対象として、複合管の強度を求められる管きょで他の工法では対応できない大口径管きょや、水を止めて施工できない場所等の条件に適用します。

SPR工法の施工前・施工後

  1. 施工前
  2. 製管中
  3. 浮上防止兼支保工
  4. 施工後(曲線部)

協会実績

協会実績をご覧になりたい方は一度お問い合わせください。