FRP取付管ライニング工法

FRP取付管ライニング工法の解説

既設の取付管を非開削により、紫外線ランプを使用し、光硬化樹脂を硬化させる工法です。特に現場での樹脂配合を行わない為、均一なる品質が確保できるのが特長です。

FRP取付管ライニング工法の施工状況

FRP取付管ライニング工法の特徴

  • フレキシブルな<<ソフトスリーブ>>(補強材)の開発により、取付管特有の90℃曲がり等の曲管部に対して、「シワ」が極めて少なく、ライニング後の流下能力を妨げません。
  • 光硬化装置の先端にカメラと温度センサーを取りつけたことにより、硬化前の管内の異常の有無が確認でき、温度センサーにより安全な施工が行えます。
  • 光硬化の場合5mを硬化させるのに約30分と、スピーディーにローコストで施工が行える
  • ソフトスリーブはエポキシアクリレート樹脂の使用により、耐久性に優れている
  • 取付管・管口は、専用一体型、改良型で確実な止水効果を発揮できる。

FRP取付管

FRP取付管ライニング工法の施工用途

桝から本管までの取付管内を対象とし、劣化した既設管の強度増加や止水の必要がある箇所に適しています。

FRP取付管ライニング工法の施工前・施工後

  1. 施工前
  2. ライニング材を反転中
  3. 光硬化
  4. 施工後

FRP取付管ライニング工法に使用する機材一覧

  • 取付管ライニング補修機

協会実績

協会実績をご覧になりたい方は一度お問い合わせください。