FFT-S工法

FFT-S工法の解説

特殊ガラス繊維で構成されたサンドイッチ構造のライナーに未硬化の樹脂を含浸させた材料を下水管きょ内に引込み、蒸気で硬化させ、強度のある平滑なFRPパイプを構築し、管きょをリニューアルする工法です。

FFT-S工法の施工状況

FFT-S工法の特徴

  • 自立管・二層構造管の材料選択が可能
  • 非近接施工が可能
  • 少ない占有スペース
  • 安全と環境に配慮
  • 既設管きょと同等以上の流下能力
  • あらゆる管きょ状況に適用可能
  • 取付管施工も可能

FFT-S工法の施工用途

マンホールなどを利用して既設管きょ内に新しいFRPパイプをリフォーム形成する場合に有効です。

FFT-S工法の施工前・施工後

  1. 施工前
  2. ライナー引込み
  3. プラグ装着
  4. 施工後

FFT-S工法の作業風景

  • 調整作業中
  • ライナー引込み
  • 加熱硬化作業

FFT-S工法に使用する車輌一覧

  • FFT工事車
  • TVカメラ車
  • 高圧洗浄車

協会実績

協会実績をご覧になりたい方は一度お問い合わせください。