クリスタルライニング工法

クリスタルライニング工法の解説

VOC(揮発生有機化合物)削減型塗料に、ガラスパウダー・天然ガーネット等を骨材に使用した無容剤の樹脂モルタルをコンクリート構造物に塗布し、防食・止水・補強する工法です。

クリスタルライニング工法の特徴

  • 耐久性に優れています。
  • 鉄筋コンクリートの劣化防止に最適です。
  • 水圧0.29N/mu(3.0kgf/cu)以上に耐えるので、完全止水および防水が可能です。
  • ガラスクロスまたは、炭素繊維を組合わせることで、引張り強度を上げることが可能です。
  • 塩害対策に優れています。

クリスタルライニング工法の施工用途

水中・湿潤施工が可能です。
下水道全般(処理場、管渠、人孔)の補修に最適です。
優れた接着力により、いかなる止水も可能です。
耐酸、耐アルカリ性に優れており、いかなる処理槽の補修も可能です。
優れた強度によって、コンクリートの補強剤として使用可能です。
食品工場の壁・床に使用可能です。
土木、建築全般で使用可能です。
水中・湿潤でも接着硬化する為、短期施工が可能です。

クリスタルライニング工法の施工前・施工後

  1. 施工前
  2. 施工後

協会実績

協会実績をご覧になりたい方は一度お問い合わせください。