産業廃棄物の種類

産業廃棄物とは、企業や工場などから事業活動に伴って生じる廃棄物で、次の20種類に分類されます。

1.燃え殻
焼却残灰、石炭火力発電所から発生する石炭がらなど
2.汚泥
工場排水処理や物の製造工程などから排出される泥状のもの
3.廃油
潤滑油、洗浄用油などの不要になったもの
4.廃酸
酸性の廃液
5.廃アルカリ
アルカリ性の廃液
6.廃プラスチック類
合成樹脂くず、合成繊維くず、合成ゴムくず等合成高分子系化合物
7.紙くず
建設業、紙製造業、製本業などの特定の業種から排出されるもの
8.木くず
建設業、木材製造業などの特定の業種から排出されるもの
9.繊維くず
建設業、繊維工業などの特定の業種から排出されるもの
10.動植物性残さ
食品製造業などの特定の業種から排出されるもの
11.動物系固形不要物
と畜場において処分した獣畜、食鳥処理場において処理した食鳥
12.ゴムくず
天然ゴムくずなど
13.金属くず
鉄くず、スクラップ、研摩くず、切削くずなど
14.ガラスくず、コンクリートくず及び陶磁器くず
ガラス類(板ガラス等)、製品の製造過程等で生じるコンクリートくず、インターロッキングブロックくず、レンガくず、石膏ボード等
15.鉱さい
製鉄所の炉の残さいなど
16.がれき類
建物の解体に伴って生じたコンクリート破片アスファルト破片など
17.家畜のふん尿
畜産農業から排出されるもの
18.家畜の死体
畜産農業から排出されるもの
19.ばいじん
工場の排ガスを処理して得られるばいじん
20.上記の19種類の産業廃棄物を処分するために処理したもの